メゾネット賃貸の特長

安定収益を永続させるビジネスモデルは江戸の長屋文化にありました

賃貸住宅経営には30年以上の視野が必要です。どんな商品があれば、確実に利益を生み続けられるでしょう――
私たちはそのひな形を、江戸時代の長屋に発見しました。かつての長屋は、庶民が一生涯を過ごした場所。長い付き合いの隣人関係は安心感を生み、強力な防犯対策にもつながったといいます。
また大家とオーナーが別だった点も特色です。オーナーに雇われた大家は、日常管理はもとより入居希望者を見極める役割を持ち、収益確保とトラブル防止に力を尽くしました。メゾネット賃貸は、そんな長屋文化を基盤に設計された賃貸住宅です。
“我が家”として長く暮らせる環境があり、あらゆる管理業務を引き受けるプロがいるから、世相変化にも影響されず長期収益が得られる……
メゾネット賃貸は、普遍的な経営モデルを求めて誕生した、古くて新しい賃貸住宅です。

長期安定経営は“三方良し”の思想から

江戸の昔から名を知られた近江商人は“三方良し”の教えを大切にしたと言われます。いわく「売り手良し、買い手良し、世間良し」かかわる人すべてのWin-Win実現をめざすこの教えは、メゾネット賃貸の経営思想そのもの。
片方の利益だけを優先すれば他方に無理が生じますが、もともと賃貸住宅経営は、継続して利益を出す長期事業です。だからこそ私たちは、オーナー、入居者、地域社会まで見据えた安定経営の実現をめざしています。

2階建て住宅をつないだ連棟型住宅『メゾネット賃貸』

メゾネット賃貸最大の特色は、一戸建ての家を横につないだ連棟型を採用している点。この特色ある設計は「メゾネット」と呼ばれるもので(別名テラスハウス)、1世帯が上下階をまるごと占有できる住まいとして、高い人気と希少性を保持しています。

10,000戸の供給実績

新築時は満室だった賃貸も、年月とともに空室が目立つようになることは珍しくありません。しかしメゾネット賃貸は、誕生以来20年以上にわたって高入居率を維持しています。景気変動や競合激化にも強い、本物の実力の証明です。

1・2階併用型だから上下階のトラブルなし

メゾネット賃貸は、2階建ての家を横につないだ構造の住まいです。ひとつの世帯が1・2階を専有するスタイルを採用しているため、、賃貸のトラブル原因第1位に挙げられる上下階での音の問題が発生しません。入居者様もオーナー様も安心です。

供給が少ないメゾネットだから完成前から満室御礼

メゾネット賃貸は通常のアパート等とは異なる特殊な建築です。高いノウハウと手間が必要なため、市場での供給割合はまだ数%程度。その一方で入居者人気が高いため、完成前から満室となる物件も少なくありません。

競合物件に差をつける独自の多彩な付加価値

メゾネット賃貸は戸建てのような住み心地を実現します。各戸に独立玄関や専用庭をつくり設備や間取りを工夫して、独自の魅力を生んでいるのも高入居率の理由。いま模倣型の賃貸も登場していますが、元祖の力は健在です。

希少物件だから駅から遠い立地でも高入居率を維持

メゾネット賃貸は建てる場所を選びません。物件自体に希少価値を持っているため、駅から遠い立地でも十分に需要が見込めます。逆にファミリー層から見れば、閑静な立地はむしろ大きなアピールポイントになってくれます。

ファミリー層が中心だから空室リスクもグンと低減

メゾネット賃貸の主な入居者は、子育て中のファミリー層です。通常の賃貸に多い単身者層とくらべると、入居期間が長いため、空室が発生するリスクは格段に低減され、安定した長期収入を見込むことができます。

Page top
モバイル表示