トップページ > ピックアップ > 入居者様の声

メゾネット賃貸 入居者インタビュー

今回の「ブルーボックスな人々」は特別編!昨年4月にリノベーション賃貸に入居された山川さんにお部屋探しの経緯や住み心地などを伺いました。

blueboxな人々、入居者様

山川 太郎さん

築24年のリノベーション物件は、綺麗で新しくてまるで新築のよう。大好きな緑とベージュに囲まれて、やすらぐ新生活を送っています。

  • グリーンの壁と観葉植物がマッチしたLDKは、心を浄化してくれそうな癒やしの空間。インテリアは茶系・ベージュ系で統一されています。リフォーム前は木目基調で、上質感はあるものの、少し古めかしい印象でした。

  • お気に入りのビデオやネット番組を見て過ごすのが好きだという山川さん。大型のテレビボードは見栄えが良く、装飾や収納に便利です。

  • ビルトインコンロ仕様の本格的なシステムキッチン。シンクや作業台が広く、楽しく料理ができそう。

  • LDKの隣の南洋室は来客用の寝室として使用。パソコンを置いた座卓や引き出し、畳ベッドなどが美しく配置されています。

  • 北洋室は寝室として使用。素材感のあるグリーンの壁紙で、落ち着いた雰囲気に。

  • 北洋室には壁一面の大型クローゼットがあります。東側には掃き出し窓があり、ベランダへ出ることができます。


間取り図


LDKの照明は備え付けのスポットライト。ダクトレール付きで、位置や角度を自由に変えられます。


間口が広い玄関。風水に則って玄関マットを敷き、靴は毎回片付けてスッキリと。掃除も怠りません。

騒音のない静かな部屋を探すうちにこのリノベーション物件に出会いました。

山川さん(以下 山):実を言うと、前の部屋はここに引っ越す半年ぐらい前に入居したばかりだったんです。部屋自体は気に入っていたのですが、近くの公園から聞こえる子供たちの声がうるさくて…。僕は夜勤のある仕事をしているんですよ。夜勤明けの日は昼間に寝なくちゃいけないんですが、ぜんぜん寝れない(苦笑)。とどめは新型コロナの自粛。学校が休みになって、子供たちが朝から晩まで公園で遊ぶようになって、ここで暮らすのはもう無理だなと…。

そんな生活が半年間も…大変でしたね。
  • :それで急遽、部屋探しを始めたんです。次はアパートじゃなくて戸建てにした方が静かに暮らせるんじゃないかと思って、市内の戸建ての賃貸物件をネット検索してみたら、検索結果の上位にブルーボックスさんの物件がずらり。中に良さそうな部屋がいくつかあったので、店に行って相談してみることにしました。
戸建てではなくマンションにされたのは、どんな経緯だったのですか?
  • :もちろん、最初はこちらが希望した戸建ての物件資料をいくつか見せてもらいました。それからあれこれ30分ぐらいかな?担当の方といろいろ話をして、引っ越しの理由などを説明するうちに、条件によってはマンションの方が静かに暮らせるのではないかと提案してくれたんですよ。周りの環境が良さそうなマンションをいくつか探してくれて、その中の一つがこの部屋でした。
どんなところが気に入られたのですか?
  • :周りが静かそうな場所で、間取りが前の部屋とほとんど同じだったんですよ。この部屋なら、家具類をそのまま移すだけで済みそうだなと思いました。中古物件ですが、全面リフォーム済みということで、写真を見ても綺麗そうで、家賃もお値打ちでした。東の角部屋というのも、風水を大事にしている僕には大事なポイントでした。
実際にご覧になった印象は?
  • :まず玄関が広いなぁと思いました。中に入った瞬間に新築の匂いがして、本当に綺麗で、とても築24年とは思えませんでした。もう一つ見せてもらったマンションは築12年でしたが、そちらの方が古い印象でしたね。この部屋は、リビングも北側の部屋も陽当りが良くて、明るく広々としていて、ひと目で気に入りました。
このお部屋は「グリーンライフ」というテーマの個性派リノベーション物件ですが、いかがでしたか?
  • :グリーンの壁がいいですね。これも気に入った理由の一つです。僕は部屋に観葉植物をたくさん置いているので、その緑との相性もきっといいだろうなと思いました。普通の白い壁もいいですが、植物が好きな僕にはこの物件はぴったりだったと思います。

グリーンの壁と観葉植物がベストマッチ。ナチュラル志向の気持ちのいい空間に。

お話しいただいた通り、壁のグリーンと観葉植物がマッチして、とても気持ちのいいリビングですね。
  • :ありがとうございます。観葉植物を置いているのは、単に植物が好きというだけでなく、風水的な意味もあるんですよ。植物は周囲の気によって元気になったり枯れてしまったりするので、部屋の気の流れを知るバロメーターになるんです。この部屋の植物はすごく元気なので、きっといい気が流れていると思いますし、実際に気持ち良く過ごせています。
家具やソファ、カーテン、カーペットなどは茶系・ベージュ系で統一されていますね。
  • :ほとんどは前の部屋から持ってきたものですが、壁の色ともうまく合ってよかったです。もともとナチュラル志向というか、ベージュ系のものが好きなんですよ。カーテンはこの部屋に合わせて買い直しましたが、やはりベージュを選びました。
他のお部屋はどんなふうに使われていますか?
  • :リビングの隣、南西側の洋室は、来客用の寝室で、ふだんはほとんど使っていません。パソコンでネットショッピングをするときに使うぐらい。寝室は北側の洋室ですが、そこも壁の一部がグリーンで、落ち着いた雰囲気の空間になっています。ベッドを置いても十分余裕がありますし、東側に窓があって、朝の光が入るのも気持ちいいです。
寝室には壁一面の大型クローゼットが付いていますね。
  • :そうですね。結構収納力はあると思います。うちの場合はすでに足りていませんが(笑)。前の部屋で使っていた照明や、昔使っていたテレビ台、調理器具なんかを捨てずにとってあるので、それがクローゼットを占領してしまっているんですよ。
リノベーション物件に住んでみて、どんな印象ですか?
  • :今のところ、全く問題ありません。とても快適に暮らせています。外観は多少古いですが、気になるほどではありませんし、部屋に入ってしまえば新築に住んでいるような感覚です。もともと新築へのこだわりはなかったのですが、新しくて綺麗な部屋に住めるのはやっぱり嬉しいですね。
夜勤明けの日にちゃんと睡眠をとれるようになりましたか?
  • :はい。おかげさまでしっかり睡眠がとれるようになり、毎日が快適です。防音がしっかりしているので、自分が周囲に迷惑をかける心配がないのもいいですね。・・・と言いながら、テレビを見たり音楽を聴いたりする時は、以前と同じようにヘッドホンを使っているんですけど。人に迷惑をかけるのは好きじゃないんですよね(笑)。
リビングや寝室、玄関などに置かれた植物たちも、この部屋が気に入ってくれた様子で、すくすくと元気に鮮やかな緑の葉を繁らせています。リノベーションのテーマにぴったりの方に住んでいただけて、この部屋もきっと喜んでいることでしょう!

こんなことも聞いてみました!

Q1料理はよくされますか?キッチンの使い勝手はいかがですか?
  • :料理は好きですよ。一人暮らしが長いので、レパートリーはかなり多くなりました。一番よく作るのはカレーですね。キッチンは前の部屋より広くて使いやすいです。
Q2これからお部屋探しをする方にアドバイスをお願いします。
  • :前回の部屋探しでは、周囲の環境をよく確認せずに、安易に選んで失敗しました。妥協は禁物ですね。条件に合った部屋が見つかるまで探すことが大切だと思います。