トップページ > ピックアップ > 入居者様の声

メゾネット賃貸 入居者インタビュー

blueboxな人々、入居者様

大山 浩介さん・文乃さん・MOMOちゃん

MOMOがやってきたおかげで、新婚生活がますます楽しくなりました!

  • 愛犬MOMOちゃんと一緒に、MOMOちゃんお気に入りのソファで2ショット。

  • キッチンから見たLDK。14.7帖もあって、戸建住宅のように広々とした空間です。

  • 8帖の洋室には、ラチャくんのケージ、トイレ、キャットタワーが置かれています。

  • 大山家の愛犬MOMOちゃん(4才・メス)
    浩介さんの実家からやってきたMOMOちゃんは、ジャックラッセルテリアとミニチュアダックスのミックス。とっても甘えん坊で、つぶらな瞳が超キュート♪宅配業者などがやって来ると、インターホンがなる前に鳴き声で、2階にいる浩介さんに教えてくれるんですよ。


間取り図


階段には、自分で電気をつけられないMOMOちゃんのために、人感(犬感?)センサー付き照明を設置。


2階北側の6帖を寝室として使用。通販で購入したカーテン付きクローゼットは収納力たっぷり。


2階南側の2部屋は、浩介さんの仕事部屋として使用しています。


人気の対面キッチン。スペースが広く、料理や洗い物がしやすいです。


リビングにはフロアライト。ダイニングにはペンダントライト。2つのオレンジの照明がおしゃれな雰囲気を演出。


浩介さんが結婚前から使っていたカラーボックス。DIY好きの文乃さんが、お部屋に合わせて白っぽい色に塗装。バスケットを追加しておしゃれにアレンジしました。

たまたま選んだペット対応メゾネット。いつか飼ってみたいという夢が現実に。

浩介さん(以下 浩)「最初は特にペット対応の部屋を探したわけではなかったんですよ。結婚が決まって、実家の近くで新居を探して、たまたま気に入った部屋がペット対応だったんです。」

文乃さん(以下 文)「実をいうと、私は子供の頃から動物が好きで、いつか犬か猫を飼いたいと思っていたんです。でもすぐに飼いたいというわけではなかったし、彼にそんな話もしていなかったので、まさか現実になるとは思っていませんでした。」

  • 「メゾネットを選んだのもたまたまなんです。結婚前に住んでいた一人暮らしの部屋もブルーボックスさんの物件でしたが、ブルーボックスさんがメゾネットの物件を多く扱っていることもぜんぜん知りませんでした。」
  • 「結婚してメゾネットに住んでいる友達が多かったので、なんとなくいいなとは思っていたんですけどね。でもそれも特に条件には入れていなくて、普通に部屋探しをした結果が、ペット対応のメゾネットだったという(笑)。」
どんな条件で探されたのですか?
  • 「僕が会社を経営をしていて、自宅で仕事をしなくてはいけないので、十分な仕事スペースを確保できるというのが第一条件でした。あとは、実家と行き来がしやすいこと…ぐらいですかね。」
  • 「ブルーボックスさんに電話をして2人でお店に行ったら、3件ぐらい候補を用意してくれていました。詳しい話をした後、さらに3件ぐらい追加候補を出してもらって、その中からいくつかを内見しました。」
  • 「この部屋を選んだのは、間取りが3LDKでスペースに余裕があったのと、実家に近かったのが決め手。ペット対応ということはあまり気にしていませんでした。」
MOMOちゃんはどんな経緯でこちらに?
  • 「引っ越しをして、この部屋に住み始めてから、ふと「ペット対応物件なんだからすぐにでも飼えるんだな」と思ったんです。そうしたら飼いたい気持ちがフツフツと(笑)。それで、思い切って彼に相談してみました。」
  • 「最初聞いた時は、え?そんなこと聞いてないよと思いましたよ(笑)。でもちょっと待てよ、そういえば、うちの実家に犬がいるなと。両親が最近、同居している孫の世話で手一杯で、犬を散歩に連れていくのが大変だと言っていたのを思い出して、だったらそれを引き取ればいいんじゃないかと。」
  • 「ご両親も賛成してくれて、めでたくうちで預かることになりました。もう4歳ですけど、以前から彼がよく散歩させたりして懐いていたこともあって、すぐに慣れてくれました。すごく人懐っこい子で、私にもすぐに懐いてくれたんですよ。」
  • 「ここに連れてきた時も、「ああ、これからここに住むんだな」みたいな顔をして、一瞬でうちの家族になってくれました(笑)。」

寝室も仕事部屋も出入りは自由。ストレスなく過ごせているようです。

メゾネットの住心地はいかがですか?
  • 「一軒家に住んでいるみたいで快適です。キッチンも広いし、寝室とリビングが上下に分かれているのも、暮らしやすくて気に入っています。」
  • 「2階の仕事部屋からトイレに行く時に、階段を降りて、リビングを通って、結構な距離を移動しなくちゃいけないので、それだけはちょっと不便ですね。家で仕事をするには、ワンフロアか、リビングを通らずに済む間取りの方が良かったかも。」
  • リビングとキッチンがそれぞれ独立した部屋になっているんですね?
  • 「でも私は、リビングを通らないと2階に行けないこの間取りが気に入っているんですよ。外から帰った後、リビングに顔も出さないで、そのまま2階に上がってしまったら寂しいじゃないですか。」
  • 「確かに。僕みたいに毎日2階で仕事をするのでなければ、この間取りで問題ないと思います(笑)。」
お隣りもペットを飼っているそうですが、鳴き声などが気になることは?
  • 「全くありません。私が結婚前に住んでいた部屋は、他の部屋の人が何をしているのかわかるぐらいよく聞こえていたので、こんなに違うものかと驚いています。」
  • 「仕事の関係で夜中に海外と電話をすることもあるので、隣の方には「もし声や音が気になったら言ってください」とお伝えしてあるんですが、それも今のところ問題なさそうです。おかげで安心して仕事ができています。」
MOMOちゃんの世話はどちらが主に?
  • 「僕が家で仕事をしているので、どうしても僕が一緒にいる時間が長くなるんです。それは最初からわかっていたので、飼う条件として、彼女が責任を持って面倒を見るという約束をしました。」
  • 「私は昼間仕事に出るので、朝の散歩と昼間の世話は彼にお願いして、夕方の散歩は私がしています。仕事から帰って、犬の散歩をして、それから晩ごはんを作る、というのが私の日課。病院に連れて行くのも私の役目です。」
  • 「日中は僕も仕事をしているので、あまり構ってやれませんが、家中をうろうろしながら気ままに過ごしていますよ。実家では、散歩の時間以外はケージに入れられていたので、その頃と比べるとだいぶストレスが減ったんじゃないかな。当時の脱走癖もなくなりました。」
MOMOちゃんにとっても、いいお引越しだったんですね。
  • 「MOMOのおかげで、僕たちの生活もだいぶ変わりました。犬と一緒にいると、隣近所の方も気軽に挨拶してくれますし、散歩の途中で知らない人から声を掛けられることもあるんですよ。僕一人だったら絶対に声を掛けられないタイプなのに(笑)。」
  • 「私の父は犬嫌いだったんですが、MOMOを実家に連れていったらすっかり気に入ってメロメロに(笑)。犬が一緒にいると、場が和むんですよね。」
ペット対応住宅へのお引越しを機に、家族の一員になったMOMOちゃんは、お二人とそれぞれのご実家との関係にも一役買っているようです。大山家の新生活はまだ始まったばかり。これからの暮らしがますます楽しみですね。

こんなことも聞いてみました!

Q1家具はどんなふうに選びましたか?
  • 「ほとんどが通販です。私がネットで探して気に入ったものを彼に見せて、OKだったら買うというやり方で。」
  • 「僕はそれほどこだわりはないのですが、念のために確認を。あと、以前に僕が失敗したのと同じ買い物をしないように(笑)。」
Q2玄関のリードフックは使っていますか?
  • 「あまり使っていませんが、散歩に行く前や後に、MOMOを待たせる時には便利ですね。」
  • 「普段は玄関用の虫よけネットを吊るしてあります。この辺りは虫が多いんですよ(笑)。」