平成25年10月20日に茨城県つくば市にて落語と太陽光に関するセミナーを同時開催いたしました。

平成25年10月20日、茨城県つくば市のつくば国際会議場にて、落語家の春風亭昇吉さんをお招きして、太陽光発電に関するセミナーと落語を披露していただきました!

あいにくの空模様の中、たくさんのお客様にお越しいただき、10月12日に引き続き3回目の落語・セミナーの同時開催イベントとなりました。

第一部の春風亭昇吉さんより演目:「片棒」を披露していただき、第2部ではファイナンシャルプランナーの大島一弘さんより、太陽光発電で得する方法についてのセミナーを行いました。

「片棒」は、一代で財を築いた商人が3人の息子の誰に身代を譲るのかがテーマの話で、改めて落語の表現の豊かさに驚きました。江戸っ子のべらんめぇ口調や、祭りの「ぴーひゃら、ぴーひゃら、テンツク、テンツク」などの笛や鐘の表現、声のトーンの変化や響き、扇子の使い方など、師匠や先輩から受け継がれた伝統技術を目の前で堪能することができ、とても充実した時間を過ごすことができました!

第2部の太陽光に関するセミナーも好評のうちに幕を閉じました。

セミナー終了後も昇吉さんと記念撮影をさせていただきました!

これからも、NEXT30の理念である今後ブルーボックスのNEXT(次なる理想)を叶える為に、様々な取り組みにチャレンジしていきますので応援の程宜しくお願い致します!
最後に、ご来場いただいた皆様、つくばまで落語を披露しに来ていただいた春風亭昇吉さんをはじめとする多くの方々、本当にありがとうございました!